=本史 その1=

 

第1回  1991.10.21(ルーテル市ヶ谷センター

バロック音楽を熱く濃く演奏しよう!をモットーに結成。

「熱く濃く」+「大学時代の思い出」=「エスプレッソ」という単純な発想

柳瀬吉明、宮川真人(オーボエ)一重佳子(ファゴット)

佐々木ロザリ(チェンバロ)大沢敬(コントラバス)

入場料1500円

 

第2回  1992.10.27(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、玉田由佳里(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)平良大司朗(チェンバロ)

うっ、これではカプチーノではないか?!

 

第3回  1993.11.11(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、玉田由佳里(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)山口範子(チェンバロ)須崎昌枝(コントラバス)

バロック音楽以外にベートーヴェンのオーボエトリオ

「奥様、お手をどうぞによる変奏曲」を演奏

入場料が2000円に

 

第4回  1994.11.8(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、玉田由佳里(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)山口範子(チェンバロ)

バロック音楽ばかり演奏するので、この頃からお客さんが眠り始める

 

第5回  1995.11.6(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、栃尾由佳里(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)山口範子(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

バロック以外の曲として、ドビュッシーの作品と

「音楽のサイコロ遊び」を演奏。

入場料が2500円に。

 

第6回  1996.11.11(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、広田智之(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)矢野薫(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

フランス近代の作曲家ピエルネとフォーレの作品を取り上げる。

第2回「音楽のサイコロ遊び」

 

第7回  1997.11.11(ルーテル市ヶ谷センター)

柳瀬吉明、宮川真人、広田智之(オーボエ)

依田嘉明(ファゴット)矢野薫(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

初めてスーザのマーチとナザレのタンゴを演奏

 

第8回  1998.11.10(ルーテル市ヶ谷センター)

小林裕、広田智之、宮川真人、柳瀬吉明(オーボエ)

依田嘉明、榎本眞理(ファゴット)

矢野薫(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

現在と同じ8人体制になる。

入場料が3000円に。

 

第9回  1999.11.10(ルーテル市ヶ谷センター)

小林裕、広田智之、宮川真人、柳瀬吉明(オーボエ)

榎本眞理、中澤美紀(ファゴット)

矢野薫(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

マーチやタンゴを積極的に演奏するようになり、レパートリーに定着する

 

第10回  2000.11.6(ルーテル市ヶ谷センター)

小林裕、宮川真人、柳瀬吉明(オーボエ)

依田嘉明、榎本眞理(ファゴット)

矢野薫(チェンバロ)河原田潤(コントラバス)

ミレニアム企画としてマーチでタンゴの特集を組む

 

 本史 その2 へ →

← Back