アンサンブル・エスプレッソとは

 1985年の武蔵野音楽大学の学園祭において、柳瀬吉明、宮川真人(以上オーボエ)吉田将(ファゴット、現 読売日本交響楽団首席奏者)を中心として結成されたバロックアンサンブルに端を発する。「バロック音楽を熱く濃く演奏したい」という思いから「エスプレッソ」というチーム名がつけられた。ゼレンカのトリオソナタ第5番が演奏された。

 

 時は流れ1991年、柳瀬、宮川が中心となって再びバロックアンサンブルを結成し、「エスプレッソ」という名前を復活させた。編成はオーボエ2本、ファゴット、チェンバロ、コントラバスというもの。レパートリーは、テレマン、ヘンデル、ゼレンカ、ヴィヴァルディなどのトリオソナタが中心であった。

 

 そして年々レパートリーをクラシックやマーチ、タンゴに拡大し、それに伴い編成も大きくなり、オーボエ属4本、ファゴット2本、チェンバロ、コントラバスとなり現在に至る。ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽など更に幅広いレパーリーを持つようになった。アレンジはメンバー自身によるオリジナル。結成以来毎年ルーテル市ヶ谷センターで演奏会を行っている。2013年には初の静岡公演を成功させた。